CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
納車のタイミングが・・・


綺麗に磨き上げても、納車時が思わぬ雨・・・

タイミングが・・・





映り込みもいいのにな〜^^

オーナー様も残念がっていました。

綺麗になったのに本当に申し訳なく思います・・・

いつかは雨で汚れると解っていても、
せめて、数日は綺麗な状態を味わっていただきたかったのですが、

残念。

| スバル | 21:00 | comments(0) | - |
インプレッサ BIND GLASS COATING

真っ白ソリッドカラースバルインプレッサ

ボディケアは洗車キズが多かったのでハードケアを選択いただきました。

どんなに優れたボディコーティングを施工しても、下地が中途半端ではその効果を発揮できません

ボディケアの重要度をご理解いただいてから施工に移らせていただきました。


ボディコーティングはクオーツガラスコーティングにしようか?
それとも、バインドグラスコーティングにしようか?
悩まれていたようですが、コーティングの性能から「バインドグラスコーティング」を選択いただきました。

バインドグラスコーティングは他のガラスコーティングより優れた点があります。

それは、油性汚れに強いという点です。

一般に油性汚れとは、排気ガスのような油分の混じった汚れや、ピッチタールなどの石油系汚れなどです。

もちろん他のガラスコーティングでもある程度は落ち易く出来ていますが、バインドは油分を寄せ付けない!といった感じです。

サンプル施工のモノがありますので、お時間のある方は一度お立ち寄りいただければ、その効果を実感していただけるものと思います。




ボディコーティング以外のホイールや、ドアの内側なども出来る範囲までバインドグラスコーティングを施工いたします。



深みのある白いボディ〜
陶器のような光沢といった方が良いのかもしれません。

クルマが綺麗だと、気分も良くなりますよね^^

ご利用ありがとうございました。




| スバル | 09:27 | comments(0) | - |
磨き貫いた塗装は繊細

昨日からの続きです^^

いい感じに塗肌が仕上がり、ようやくガラスコーティング


夕日とまでは行きませんが、太陽光がまぶし〜^^

満足いく仕上がりにスタッフ総勢で腕組ながら「ウンウン

これならオーナー様もビックリしてくれそうです^^

さて、ここからがある意味問題です。

塗装面を限りなく平滑に仕上げれば仕上げる程、お手入れキズは目立っちゃうんです^^;

タオルでふき拭きなんてもってのほか!
一回で拭き傷が入ってしまいますよ〜!
付属のお手入れDVDを参考にしてくださいね^^

ボディコーティングしたはいいけれど、気を使うな〜ってオーナーさんに言われたこともあります。


実際そうなんです。
特に柔らかい国産車の塗装については、赤ちゃんの肌を触るような感覚、触感で是非お願いしたいのです。

柔らかい塗装って、それだけデリケートなんですよ〜オーナーさん。

そういう塗装を選ばれたのだから覚悟も必要ってことです^^;

お手入れ頑張ましょう〜!

もちろん、手におえない時はお手伝いさせていただきますので^^
| スバル | 23:27 | comments(0) | - |
新旧レガシー同時入庫

手前が1つ前の前期型のレガシィ
奥がNEWレガシィ


今回のフルモデルチェンジは大きく変わりましたね〜。

ヘッドライトがフェンダーにまで大きく食込んでます。


テールも以前と比べると面影がないくらい変わりましたね〜^^


迫力があるな〜と思えば、ボディサイズも全長が95mm約10cmも長く、幅は5cm広くなっています。

ホイールベースも8cm長くなり、乗り心地もいいみたいです。

町のアチコチで見かけることが増えてきそうです。

| スバル | 20:10 | comments(0) | - |
インプレッサSTI バインドグラスコーティング

納車直後に「BIND GLASS COATING」を施工させていただきました「インプレッサSTI」です。


バインドの主成分はあまりお伝えできませんが、施工いただいたお客様からご好評をいただき、お友達をご紹介いただけるというありがたい状況です^^


ベースコートには「シリコーン」という(シリコンではありません)聞いたことのあるような無いような・・・

ともかく、密度の濃〜いコート膜が造れちゃうコーティングです。

体感いただけるとご理解いただけるんですけれど^^

次世代のコーティング。というより今後はバインドのようなボディコーティングになっていくんでしょうね^^

コーティング膜の機密性というか、密度というか、ともかく汚れが入り込めなくなれば汚れが付きにくい。という観点で開発されています。

もちろん、今まであるガラスコーティングが劣っているという訳ではないのですが、バインドはより高い密度を持ったコーティングだと思います。





ライトダウンして撮影すると迫力がさらに増しますね〜^^


| スバル | 02:05 | comments(0) | - |
インプレッサSTi

今日は「インプレッサSTi」が2台もご一緒に・・・

なんか珍しいな〜なんて思っていたら、作業が終わってお店を閉めようと思ったその時!

なんと、ボディコーティングのお見積りに来られたお客様も「インプレッサSTi」でビックリ^^

何か引きつける要素今日はあったんだろうか〜??
| スバル | 00:09 | comments(0) | - |
グラデーションフィルム

ことらの画像はスバルのフォレスターです。

今日はボディメンテナンスと同時に、フロントガラスの上側にグラデーションフィルムを施工させていただきました。


グラデーションカラーは「ダークブルー」というものです。
貼り付けてありますが、車内色に同化していて解りずらいですね・・・



白い紙をあてて見るとグラデーションの様子が良く解りますね。

これで朝日や夕日のまぶしさ軽減できたり、お車もシャープに見えてカッコよくなりましたね^^

| スバル | 12:39 | comments(0) | - |
R1の完成。


仕上がり直前の画像です↑



ようやくトータル3日を掛けて「バインドグラスコーティング」が仕上がりました!



丁寧に脱脂を行い、これからコート剤を塗布していきます。





こちらはクオーツガラスコーティングと同様にスプレーガンを使ってベースとなるコーティング剤を吹付けている様子です。





いかがな仕上がりでしょうか?

かなりの自信作!です^^

| スバル | 03:11 | comments(0) | - |
Bind Glass Coating のR1
昨日からお預かりさせていただいています、スバルR1。

ボディコーティングに「バインドグラスコーティング」をご用命いただきました。

とってもお気に入り!とお話しを伺わなくても伝わってくるものがあります。

細まやかな部分への丁寧な心遣いが感じられ、幸せものの「R1」君です。

今日はボディの下地造りからです。

数年ご愛用されているのに関らず、とっても綺麗なお車です。
拝見させていただいたときには、結構お手入れもよく綺麗に見えていました。(事実経年劣化はありますが、塗装そのものはしっかりしています。す。)

しかし、クレンジグという作業を行なうと、(塗装表面に食い込んでいるWAXや油分、シリコンなどを引き抜く作業です。)ご覧の通り、痛んだ塗肌がくっきりと見えてきました。



女性のお化粧落しのような作業です。
いわば「スッピン状態」になるのです。
そのスッピン状態からでないと、しっかり塗装を観ることも出来ないばかりか、きっちりと塗肌調整も出来ないんです。

只今、こんな感じで磨き込んでいます。





明日は、何とかコーティングが施工できそうです。

後日またアップします。



| スバル | 22:27 | comments(0) | - |
レガシィワゴン
只今、開催中のキャンペーン情報はこちらから








新車でご入庫いただきました、スバルレガシィワゴンです。

お問合せの際に、「新車で塗装がまだ柔らかくて大丈夫?」とご質問を頂きました。

もちろん、「大丈夫ですよ」とお答えしています。
ただし、ペイントを補修されてすぐでは行なえませんが・・・

新車とは言え、生産ラインを経て各ディーラー様に配送され、さらに登録準備や納車準備などに1週間以上はかかっています。

仮にどこかの部分をペイント補修されていたとしても、この時期ではほぼ塗装面は乾燥し安定していますので、コーティングの施工には問題はありません。



新車の時だから、なおの事OKです!^^

| スバル | 19:37 | comments(0) | - |
| 1/2PAGES | >>