CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
ガラスの「水滴ジミ」を取る!
昨日に引き続き「ガラス磨き」です。

ガラス関係が続く時は続くものです^^;


この画像はフロントガラスの右上です。

ガッチリ「水滴のシミ」が付いてますね^^;

こうなるとチョットやそっとではまず取れません

主な原因は、水道水に含まれる「ミネラル」が原因です。
洗車をした時に水滴を乾かしてしまったようです。

何度も何度も同じ様に水滴を乾かしてしまうと、ウロコ状にスケールジミが重なって出来てしまいます。

こうなる前の対策は、洗車中や洗車後にガラス面の水滴を乾かさない事!です。

市販のガラスコンパウンドでも取り除けるものもありますが、砂やホコリでガラス面にキズを付けてしまうことがあります

キズが付いたらもっと大変なので、一旦付いてしまったら、無理して擦らずに相談していただいた方がいいです。


ジャ〜ン!
キレイでしょう〜^^

メチャクチャスッキリしました。

やっぱりガラスは透き通っていなくちゃ^^



ついでに、リアガラスの画像です。

フロントガラス同様、ウロコ状に水滴のシミがギッシリです。


拡大してみると、さらにその様子がわかります。


磨き取った後です^^


拡大してもキレイでしょ〜^^

でも!このままだと、また水滴ジミが付く恐れがあります^^;

なので「水滴付着防止剤」なるものをコーティングして終了なんです。

これで当分キレイでスッキリした視界でドライブが楽しめますよ^^


| ウインドガラスケア | 22:49 | comments(0) | - |
ワイパーキズを消す!

小石をワイパーに挟んで動かしたら1本くっきり白いキズ〜!

視線に入って気になってしまうますよね^^;


印をして拡大して見るとこんな感じでガラス表面が削れています

ここで少しウンチクですが、「ガラスのキズを消す」という作業は、言い換えると「キズの深さまで周りのガラスを削り、キズと同じ深さに達することでキズとして見えなくなる」というものです。

塗装面では熱をかけることで塗装をキズの深さまで削らなくても処理は出来ますが、ガラス表面に熱と圧力を掛けるとよじれが起こって強い「ゆがみ」となって、かえって見づらくなるので単純にセッセセッセと均一にガラス表面を磨くしかありません。

なんせ硬いガラスですから、1本のワイパーキズでも時間は掛かります^^;


1本のキズに対して15〜20センチ大きめにキズの周りを広く磨きます。
そうすることで、ゆがみの無い(殆んど感じない)ガラスに仕上がります。

近くで見ても殆んど解らないでしょう〜^^


養生もこんな感じです。
少し大げさですが、コンパウンドやボディに着かないようにしています。


いい感じに仕上がって満足、満足^^

| ウインドガラスケア | 21:29 | comments(0) | - |
アウディA4アバント ガラス磨き

ボディ磨きもしていますが、ガラス磨きも行っています。

さほど水滴のシミは目立っていないようでしたが、殆ど車庫保管のオーナー様にとっては「気になるんだよな〜」とお悩みの様子でした。

それならば、磨いちゃいましょう〜!という事で、ウインドガラスの水滴ジミ取りをご用命いただきました。


こちらは、違うお車の画像ですが↓

窓ガラスを見ると水滴のシミ(スケール)通称「カルキジミ」なんて呼ばれていますが、一度ガッチリ付いてしまうと洗車ではまず取れません。

逆に、うっかり水滴を乾かしてしまうと、さらにシミを重ねて付けてしまいます^^;


洗車の環境やタイミングって結構重要なんです。

もちろん、ガラスにこれだけ付いてしまうと言うことはボディも着いちゃいます。

特に水道水の拭き残しは要注意です。



磨き上げると、ほぼスッキリ取れます。

フロントガラスなどは視界が良くなりますし、外観的にもお車が綺麗に見えます

ボディコーティングも大事ですが、ウインドガラスケアやウインド撥水加工も綺麗さを保つ秘訣かもしれませんね〜^^

| ウインドガラスケア | 02:38 | comments(0) | - |
傷を追いかける!
キズを追いかける!」
と言っても、今日はフロントガラスのキズ取りの作業のお話しです。

それも、フロントガラスの内側です^^;

薄〜い線キズが入ってしまったようです・・・

フロントガラスも外側なら当たり前のように磨いていますが、
内側?なんです・・・とお電話をいただいた時には、
「マジ?」と思いましたが!

頼まれごとは、試されごと!」精神に火がつき、「出来ます!」と。


ガラス磨きは水を使いながら磨くので研磨剤がアチコチに飛散るので、車内とあっては厳重に養生をしました。


ポリッシャーが入る位置だったので、こんな感じで磨いています^^;

3cm程のキズでしたが、ほとんど見えなくなりました。

「ふ〜やれば出来るじゃん。」

(腰をひねって磨いたので、明日が怖い・・・)


山梨から「綺麗・気持ちいい!」を発信している「ホットカンパニー」です。(東京、埼玉、神奈川、静岡、長野近県のオーナー様もお待ちしております。)

■カーコーティング(ガラスコーティング他)
■ボディ磨き
■カーフィルム
■ウインドリペア
■ガラス撥水加工
■ルームクリーニング
■ボディ手洗い洗車


株式会社ホットカンパニー
山梨県中巨摩郡昭和町西条5112-1
055-275-6700

| ウインドガラスケア | 23:58 | comments(0) | - |
| 1/1PAGES |