CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
エンブレムの下もガラスコーティング
今日も昨日に引続き、エンブレム外しのお話しです。



ボディ磨きとシリカガラスコーティングをご用命いただいたMINIのクーパーSのエンブレムです。


ボディを痛めないように、隙間からビニールひもを使ってゆっくりソギ取る感じで両面テープを切っていきます

この時、ビニールひもは絶対に手前に引いてはダメなんです^^;

エンブレムが起きてエンブレム自体で塗装面を傷付けてしまうからなんです。

指でエンブレムを押さえながら、ひもをスライドさせて行くのがポイントかな〜^^


やはりエンブレム周りには水アカが付いてますね。


昨日同様、ゴムのローラーを使って丁寧に両面テープを取っていきます。


画像では見にくいですが、黒く水アカがみえますね。







珍しいカラーのMINIでしたが、オシャレで綺麗なカラーですね。

見た目にはあまり解りませんが、見えないトコロも綺麗に出来たので気分いいです^^
| ディテイル | 23:08 | comments(0) | - |
エンブレムの下もガラスコーティング。

ボディ磨き、ボディコーティングの際には、このエンブレムを外すかそのままが良いか悩みます^^;

作業の面からしたらエンブレムはない方がもちろん作業しやすく、塗装面も綺麗に仕上がります。

もちろん、ガラスコーティングもエンブレムの下も施工できるので、やっぱり外して作業することを選んでいます^^

壊れそうなものや、折れそうな細いエンブレムは時として外さないこともあります。
場合によっては、外さないで〜!というオーナー様もいますので、了解を得てから外すこともあります。

今回は問題ないタイプなので、もちろん外す事にしました。


外すと思ったとおり〜

エンブレムの両面テープがボディに残ります^^;

殆んどがすでに硬くなっていますので、取るのが大変です。


そこで!
強い見方の登場です^^

テープのりを剥がすにはいろんな方法がありますが、ボディをいためず、さらに効率よく落とせるのが、このゴムのようなローラーです。

電動ドリルの先につけて、剥がすタイプのものを使っています。


強く当てなくてもテープのりだけをサクサク落とせます^^


のりを取ったところです。
若干のクモリがありますが、傷としてではなく塗装表面が少し曇った感じです。


磨きを終えた肌は何処にエンブレムが付いていたのかさえ、解らなくなっています。

実は画像では見えにくいのですが、若干塗装の肌が違うので貼って合った場所はわかるのです^^


ガラスコーティングが終わり、最後にエンブレム専用の両面テープを貼り元の位置へ貼り直します。


塗装面もエンブレムも綺麗になったし、エンブレムの下もガラスコーティングができたりと、やっぱり外して作業して正解ですね。

| ディテイル | 23:01 | comments(0) | - |
| 1/1PAGES |