CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
<< 年内のご予約はいっぱいになってしましました。 | main | 山が燃えてる〜! >>
ジャガーXJのメンテナンス

昨年に「ガラスコーティング」を施工いただいた「ジャガーXJ」です。

施工後から約1年が経過せていましたが、ボンネット、ルーフ、トランクに「シミ」が付いてしまいました。

ハッキリと肉眼でも見えています。

この現象は、原因となるものは特定できていますが、オーナー様に大変申し訳なく、これでは「綺麗・気持ちいい!」をうたっている自分達にとって不我意ないことです。

ガラスコーティング」とはいえ、保護膜が痛んでしまったのです。

このシミ模様の主となる要因は「春先の花粉」のいたずらでした。


オーナー様に了解を得て、ガラスコーティングを剥がし、塗装面のケアを行わせていただき、痛んだ部分を除去して、さらにガラスコーティングを再塗布させていただきました。


メンテナンス後は元通りになりました^^


いくら劣化の少ない「ガラスコーティング」でも、アルカリ性の強いものには限界があります。

それゆえ「ガラスコーティングは保護膜でもあり犠牲膜でもあるんです。」とお伝えさせていただいています。

今回は、塗装面が激しく痛むのをコーティング膜が犠牲となって「食い止める」という役目は果たせたと思います。


弊社としても、春から夏にかけての「花粉対策」のご連絡をもっとしっかり行わなければいけなかったと反省しました。



| Jaguar | 23:40 | comments(0) | - |
コメント
コメントする