CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
<< ダイハツ・コペン クオーツガラスコーティング | main | ボディも磨きますがレンズも。 >>
フィールダーのガラスコーティング

クオーツガラスコーティングをご用命いただきました、真っ白なフィールダー



ナンバーは何と!金沢!?(おやじんのテリトリーではありませんか!)

まさか!と思いましたが、お仕事の関係で山梨に在住とのことでした^^

白いお車なので「汚れにくいコーティング」という事で、クオーツガラスコーティングを選んでくださいました。

以前、クオーツガラスコーティングと言えば「親水」の代名詞でしたが、僕らのお店では低撥水、渇水と言うような表現ですが「やや弾き」があります。

これには理由があります。

親水ですと、小雨の際にボンネットやルーフの汚れが流れにくく、停滞してしまうことがあるためです。

低撥水ですと、水滴と水滴が互いに集まって重力で落ち易くなって自己洗浄も働くというわけです。



このスプレーガンでの施工も、均一な膜を造るためには塗布の仕方が実はあるんですよ。

水の流れを計算して・・・
ここのプレスラインはこうだから、ここをこういう風にって感じで塗布しています。

気にし過ぎかもしれませんが、水の流れがいいほうが汚れにくくなるような気がしています^^
ピッカピカですね〜ってオーナーさんからお褒めをいただけました^^

ありがとうございま〜す^^

今後とも宜しくお願い致します。







| トヨタ  | 22:02 | comments(0) | - |
コメント
コメントする